金網の価格を知る

工具

金網と一口に言っても種類別に価格相場は異なります。一例として網目の間隔が数mm程度となっているビニール亀甲金網などは畳1畳分の面積で4000円程度となっております。基本的に網目の密度が高いほど金網の値段も高くなる傾向にあり、同じビニール亀甲金網であっても網目の間隔が5、6cm程度であれば相場が1000円程度まで下がります。 但し近年ではインターネットショップによる取引が主流化しており、そうした取扱方法における実際の取引価格はこのような目安にあまり囚われないものとなっております。取扱先との交渉次第では十分に値下げに応じてもらうことができるので、そうした対応を期待することも決して悪いとは言えません。

金網の販売価格について言えることがあるとすれば、顧客によって販売価格が異なってゆくということです。金網は建材の一種であり、それ故に建材の原価に敏感な人種、つまり土木・建築業の従事者や経験者などは個別に有利な扱いを受けることが不可能ではありません。 もしアルバイトなどの経験によって特定の土木・建築関係者との面識を持つようになったというならば、その関係者に対して安く購入したいと言う旨を申し出ることも悪くはありません。土木・建築業界は職人の世界と通ずる性質を有しており、その場のノリや柔軟性が重視されます。あまり常識や礼儀作法に囚われずに貪欲な気持ちを持って頼んでみることも案外に悪いとは言い切れません。