エネルギーのカット

業者と打合せ

工場においては、空調設備が稼働する時間が非常に長いという特徴があるため、省エネ性の高い空調設備を導入することが重要となります。 工場の種類によっては、24時間稼働している場合も少なくなく、夏場や冬場の冷暖房費は非常に高くなりますので、少しでも省エネ効率の高い空調設備を導入して、光熱費の削減と、二酸化炭素の排出量を削減することが工場においては急務となっています。 工場においての空調設備は、自動制御装置が導入されており、外気温の変化によって室内の温湿度を一定に保つことが求められますので、常に設定した温湿度で空調設備を稼働するように設計されています。 そこで、既存の空調設備に省エネ性能を付加するために、室温設定を少し緩く設定する機能を付加することで、搬送動力や熱源の負荷を減らすことが可能となっています。 今後はこのような省エネ性能の高い制御機能を付加する空調改修工事が工場においては主流になりつつあります。

今までは工場の省エネといえば空調機器の改善だけを目指すものが多かったですけれど、これからは空調機器と同時に窓やドアにこだわる事例が増えてきます。 それは窓ガラス越しに入り込んでくる熱気や寒さの影響というのは相当大きなものであり、断熱ガラスを採用するだけで工場の省エネ効果を更に高める事が可能です。 そして空調機器の効率を更に高める為に、徹底的にドアの隙間を無くす事で工場の省エネ効果を高めようとする事例も増えてくると予想されています。 ドアの隙間から入り込んでくる外気の室温に対する影響も想像以上に大きいですから、それを減らせるドアを取り付ける事でも工場の省エネ効果は予想以上と言われているのです。 工場の省エネを意識した設計にこだわりつつ、年々進化しつつある空調機器を導入していく事がおすすめ出来ます。