配管のメンテナンスは

リフォーム中

 まず、ライニングとは何のことなのかぜんぜん分からなかったので、調べることにしました。  調べてみて分かったのは、水道管の配管などに用いられる手法であるということです。調べているうちに自分もホームセンターで材料を購入し、ライニングを施したことがあるのを思い出しました。冬場などに凍結などを防ぐために用いられるものではないかと思います。その時は水道管に、発泡スチロールのようなものをまきつけるという方法でした。  いろいろ調べると、インターネットの通販などでは水道管用亜鉛メッキ製の管に硬質塩化ビニルをライニングしたものなどが販売されていました。一本あたり数千円という感じでした。送料などもかかりますので、よく考えて購入したほうが良いと思います。

 配管の時に用いる塩ビライニングの管ですが、どのようにして値段が決められていくのでしょうか。価格の決定要因は、もともとの原管の価格、塩ビ管の価格、ライニングの加工費に分けられるようです。景気が後退した時期にはやはり、需要が低迷し、そのあおりを受けて価格も下落したようです。ステンレスやポリエチレンの配管などとの競争も影響を及ぼすようです。また意外な点だったのですが、オリンピックのような様々な社会の行事や動向にも大きく影響されるところがあるようです。メーカーが頑張って値上げしたり、様々な取り組みが行われることによって、価格が上昇したりすることもあるようですが、一般的に見て、配管の材料などの建材は余り景気の良い状態ではないという印象を受けました。